グラボ追加2枚目

マイニング効率の最適化については、更新が遅くなりました。引き続き24時間マイニングは継続しているのですが、先週に1枚グラフィックボードを追加して2枚体制になりました。今回は引き続きマイニング効率の最適化にも触れつつ、1枚体制から2枚体制になったことの違いを書きたいと思います。

外観

雑な感じですが、今はこんなリグになっています。追加したのは1枚目と同じMSI GeForce GTX 1070 GAMING X 8Gです。

フルサイズのグラボなので、平置きすると結構場所を取りますね。グラボとライザーカードの高さが異なるため、ライザーカードだけ、ラックからはみ出した形でおいています。そのままおいた状態で安定はしているのですが、念のため以下のように結束バンドで固定しています。

普通の結束バンドでも問題ないとは思いますが、かなり熱を持っているので念のため耐熱の結束バンドで固定しました。

多少の遊びを持たせつつ、それでも落下することがない程度の強さで固定しています。これで2枚体制になったわけですが、3枚目体制になった時は平置きはスペース的に無理ですね。放熱性が下がりますが縦置きにするか、1枚はマザーボードに直差しするかになると思います。

ハッシュレートの変化

1枚体制

まずは1枚体制のレートは、以下のとおりです。

バラツキがあるため時間を変えて2枚載せていますが、おおよそ0.00022〜0.00023BTC/dayのハッシュレートでした。そして2枚体制にしてからのハッシュレートは次のとおり。

2枚体制

こちらもバラツキがあるため、1週間内での最高と最低を載せています。10.00035〜0.00038BTC/dayのハッシュレート。1枚体制の画像は24h平均、この2枚体制の画像は72h平均となるため、単純に倍にはなっていませんが、レートが上がっているのが分かりました。さらに分かりやすい変化は次のとおり。

最初からこれだけ出せば十分だった気がしなくもないですが、、数時間の谷を挟んで左側が1枚体制、右側が2枚体制。明らかに上がっているのが分かりますね。数時間の谷はもちろんマイニングを中止し、2枚目の増設をしていた時間です。これまでのすべてのハッシュレートは、以下の設定で測定しています。

Afterburner設定

  • PL:80%
  • TL:70℃
  • CC,MC,FS:変更なし

収支

費用

上記設定での消費電力は約400Wです。850W電源を利用しているため、3枚目は問題なく搭載できそうです。4枚目は電力が足りても、コネクタが不足しそう。。

さて話はそれましたが費用(電気代)は1kWhを23.45円計算で、1日あたり225円となります。

収益

上記最低の0.00035209BTC/dayを用い、過去のように1BTCを1,000,000円計算で算出すると、1日あたりの収入は352円となります。

費用の225円を引くと、1日あたりの収益は127円!?

なんか増設したのに、過去より収益性下がってないですかね。。

[post id=”669″]

[post id=”693″]

バラツキだと信じたいです(笑)実際にこの記事を書いているリアルタイムでの数値は0.0006 BTC/day出ているので、これだと収益は400円弱で倍増していることに。引き続き注視していきたいと思います。

マイニング効率の最適化計画 2回目

全開に続いてマイニング効率の最適化ネタです。前回の記事は以下を参照ください。

[post id=”669″]

早速、今週分の状況を分析したいと思います。

Afterburner設定

  • PL:[marker style=”thick” color=”blue”]60%[/marker]
  • TL:70℃
  • CC:変更なし
  • MC:変更なし
  • FS:Auto

先週分との差違はPLだけです。先週はPLが72%。そして今週は60%に下げています。クロック周波数も80MHzほど下がっていますね。さてこれがハッシュレートにどれだけ影響するのでしょうか。

実績

ハッシュレート

上記は変更直後の状況です。その後数回測定しています。

日にちを変えて二回測定しています。平均すると約0.00019560BTC/dayとなりました。

消費電力

上記のTweetにも記述していますが、165Wです。

1日あたりの収益

前回の記事では「1Wあたりの採掘量」を計算しましたが、分かりにくいので、今回からは1BTC=1,000,000円として計算するだけにします。

  • 採掘収益;196円
  • 電気代:93円 (1kWh単価23.45円で計算)

以上より1日あたりの収益は、[marker color=”yellow”]103円[/marker]となりました。前回PL72%の時が170円だったため、大幅に効率が落ちていますね。。ここまで下げるとなるとOCしないと逆に効率が悪いようです。

次回の設定

しばらくはOCなしで考えているので、次回はPLを前回の72%より上げて、80%にしてみたいと思います。なかなかうまくいかないものですねー。

マイニング効率の最適化計画 1回目

GTX 1070でのマイニングが始まって1週間経ちました。
着実に採掘できて感動しているわけですが、もっぱらの課題はマイニング効率の最適化です。どれだけ多くの採掘ができても、電気代が多くかかってしまっては、純利益が減るというもの。

しばらく自作PCから遠ざかっていましたが、最近はGPUに流す電力の調整などもできるため、消費電力を抑えつついかに採掘できるかを調整しようというものです。ツールはおなじみAfterburner。

マイニングを始めてちょこちょこいじっていたわけですが、その時の状況は以下のとおり。

これは12時間単位で測定したハッシュレートですが、Power Limit(PL)を下げると、採掘できる量が減ることは分かりました。しかしマイニング量の推移を見ていると同じPLでも変動があるので、12時間1回で決めるのは無理があるということで、平準化すべく約1週間同じ設定で回してみました。

Afterburner設定

はい、その設定がこちらになります。

  • PL:72%
  • TL:70℃
  • CC:変更なし
  • MC:変更なし
  • FS:Auto

これから暖かくなることを見据え、 GPU上限温度を70℃設定で試してみました。TLを下げると連動してPLも下がるため、TLを70℃に下げた時のPLがたまたま72%だっただけです。意図して72%にしたものではありません。CCとMCはひとまず標準通りです。

マイニング効率

ハッシュレート

Nicehash用のiPhoneアプリがあるため、通常はこれでハッシュレートを見ています。ブラウザでもハッシュレートは見られますが、私はお手軽な以下のアプリを利用しています。

Nicestats Pro: Nicehash

150円
(2018.02.17時点)
posted with ポチレバ

機能が限定されたフリー版もあるので、まずはフリー版を使ってもいいかもしれません。さて話はそれましたが、上記設定で1週間回した結果は、[marker color=”yellow”]0.00028094BTC/day[/marker]となりました。

消費電力

消費電力は約195Wです。消費電力は以下の製品で測定しています。

1Wあたりの採掘量

以上の結果より、1Wあたりの採掘量は[marker color=”yellow”]0.00000144BTC/day[/marker]となります。0が多くて見にくい。。

と、ここまで測定はしてみたものの、1Wあたりの値を算出しても実感がありません。ちなみに1BTCを1,000,000円固定で計算してみると、1日あたりの収益は、、

1日の収益

  • 採掘収益;281円
  • 電気代:110円 (1kWh単価23.45円で計算)

となるため、170円/日が収益となります。こっちの方が明らかにわかりやすいですね。

次回の設定

消費電力が高めなのが気になるため、TLは70℃のままで、PLを60%に下げて回してみようと思います。結果はまた報告します。

 

マイニングを始めました

仮想通貨の取引は去年から行っていますが、今さらながらマイニングを始めることになりました。
今回はマイニングリグ作成について書きたいと思います。

マイニングリグを作る

構成一覧

一覧は以下のとおりです。色々また買いました。家族の目が冷たい。。

構成内訳

マザーボード

PCI Express x1が5個ついていて1万ちょっと。名前にBTCがついているようにマイニングに特化しています。今は10個以上PCIがついているマザーボードもありますが、とりあえずは5個もあれば十分かと。。必要になったらマザーボードを追加しようと思っています。

ハードディスク

今はSSD安いですね。値段と熱対策を考えてSSD一択でした。マイニングに容量は必要ないので64GBでも足りますが、値段はあまり変わりません。

メモリー

ここは無駄にお金をかけました。2GB x2でも十分なのですが、DDR4自体のメモリを持っていなかったため、今後流用できるように8GB x1としました。マイニング自体にメモリは必要ありません。OSとマイニングアプリが動けば、基本的にOKです。

CPU

CPUもマザーボードに対応していれば何でもOKです。CPUパワー使いませんので。一番安いCeleronにしました。

OS

Linuxでもいいのですが組みなれていないので、安定のWindows 10としました。マザーボードがUEFI対応のため、Windowsなら10が無難です。一度余っているWindows7を入れようと試みましたが、色々と苦戦。。GPUを増やすことも考えて、Windows10を買うことにしました。OS買うのは20年ぶり以上。。バージョンは安いHome。最終的にはMacからリモートデスクトップ接続で運用しますが、RDP Wrapperを入れればHomeでも可能となります。

電源

[marker color=”yellow”]電源は重要部品です。[/marker]マイニングは24時間365日PCを動かし続けるため、信頼性・効率性が高い物を選びます。今後GPU拡張を考え、850Wとしました。1000W超えだと結構いい値段しますからね。同じように電力変換効率もグレードによって、かなり値段の差があります。本格的に行うには80PLUSのPLATINUM以上がおすすめですが、かなり値が張ります。私はちょっとやってみる程度でしたので、850WのGOLDにしました。でも信頼性は譲れないのでブランドはCorsair。プラグイン式なのも使いやすいです。

グラフィックボード(GPU)

もちろん[marker color=”yellow”]GPUは重要部品です。[/marker]GPUの性能によって、マイニングの採掘速度(ハッシュレート)が決まります。ここが一番重要です。しかし空前のブームにより、GPU相場が値上がりしており、在庫もほとんどありません。私も探すのに苦労しました。その中でGTX1070を選んだ理由としては、消費電力が低めであるにも関わらず、そこそこ採掘ができるため。評判は上々です。1080が高すぎて躊躇したらしい。

無線LAN子機

有線でインターネット接続する場合は不要です。私は有線で引き回すのが煩わしいので、無線化しました。11acに対応しているため、無線でも高速通信が可能です。もちろん11acに対応した無線LANルーターも必要です。ちなみに私が利用している無線LANルーターは以下を利用しています。安定した無線接続ができています。

スイッチ

通常PCケースの電源SWとマザーボードをつなげることで電源を入れられるようになりますが、マイニングは熱対策が重要となるためPCケースは利用しません。そして今回利用するマザーボード自体には電源SWがついていないため、この部品をつけています。

スペーサー

上記のとおり熱対策を理由にPCケースを利用しないため、詳細は省略しますが、ダイソーのアルミラックを利用することになりました。2,000円くらいで作れるため、おすすめです。ただしアルミなので直にマザーボードを置くとショートしてしまいます。ラックのに下敷きの様な物をおいた上で、マザーボードをおくことになりますが直置きでは放熱性がさがるため、当部品を利用しています。

ライザーカード

これで最後になりますが、[marker color=”yellow”]重要部品の一つです。[/marker]この部品を利用することで、マザーボードとGPUを離して配置することができるようになり、放熱性が高まります。特に今回選択したマザーボードはPCI Express x16が一つしかついていないため、実質ライザーカードを利用して運用することを想定しているかと思います。ライザーカードには当たり外れがあるらしくとりあえず2つ購入したのですが、1つ目で問題なく利用できました。ただし私が購入したこの製品が高品質かは分かりません。おすすめのライザーカードがありましたら、コメントで教えていただけるとうれしいです。

組み立て

上記の構成で組み立ててみました。

GPUの放熱性は確保できていますが、今の配置だとGPU2台しか置けないですね。GPUの配置は再考しようと思っています。上記写真ではディスプレイ、キーボード、マウスがありますが、この記事を書いている今現在では取り外して、Macからリモートデスクトップ接続にて運用しています。

今後の予定

今はただ作ってNiceHashで採掘していますが、今後やることは以下を想定しています。

  • GPU追加&配置再考
  • マイニング効率の最適化(ハッシュレート/消費電力)
  • 火災対策
  • Gox対策

次は、ハッシュレートや収支について投稿しようと思います。それでは。