マイニング効率の最適化計画 2回目

全開に続いてマイニング効率の最適化ネタです。前回の記事は以下を参照ください。

[post id=”669″]

早速、今週分の状況を分析したいと思います。

Afterburner設定

  • PL:[marker style=”thick” color=”blue”]60%[/marker]
  • TL:70℃
  • CC:変更なし
  • MC:変更なし
  • FS:Auto

先週分との差違はPLだけです。先週はPLが72%。そして今週は60%に下げています。クロック周波数も80MHzほど下がっていますね。さてこれがハッシュレートにどれだけ影響するのでしょうか。

実績

ハッシュレート

上記は変更直後の状況です。その後数回測定しています。

日にちを変えて二回測定しています。平均すると約0.00019560BTC/dayとなりました。

消費電力

上記のTweetにも記述していますが、165Wです。

1日あたりの収益

前回の記事では「1Wあたりの採掘量」を計算しましたが、分かりにくいので、今回からは1BTC=1,000,000円として計算するだけにします。

  • 採掘収益;196円
  • 電気代:93円 (1kWh単価23.45円で計算)

以上より1日あたりの収益は、[marker color=”yellow”]103円[/marker]となりました。前回PL72%の時が170円だったため、大幅に効率が落ちていますね。。ここまで下げるとなるとOCしないと逆に効率が悪いようです。

次回の設定

しばらくはOCなしで考えているので、次回はPLを前回の72%より上げて、80%にしてみたいと思います。なかなかうまくいかないものですねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です