マイニングを始めました

仮想通貨の取引は去年から行っていますが、今さらながらマイニングを始めることになりました。
今回はマイニングリグ作成について書きたいと思います。

マイニングリグを作る

構成一覧

一覧は以下のとおりです。色々また買いました。家族の目が冷たい。。

構成内訳

マザーボード

PCI Express x1が5個ついていて1万ちょっと。名前にBTCがついているようにマイニングに特化しています。今は10個以上PCIがついているマザーボードもありますが、とりあえずは5個もあれば十分かと。。必要になったらマザーボードを追加しようと思っています。

ハードディスク

今はSSD安いですね。値段と熱対策を考えてSSD一択でした。マイニングに容量は必要ないので64GBでも足りますが、値段はあまり変わりません。

メモリー

ここは無駄にお金をかけました。2GB x2でも十分なのですが、DDR4自体のメモリを持っていなかったため、今後流用できるように8GB x1としました。マイニング自体にメモリは必要ありません。OSとマイニングアプリが動けば、基本的にOKです。

CPU

CPUもマザーボードに対応していれば何でもOKです。CPUパワー使いませんので。一番安いCeleronにしました。

OS

Linuxでもいいのですが組みなれていないので、安定のWindows 10としました。マザーボードがUEFI対応のため、Windowsなら10が無難です。一度余っているWindows7を入れようと試みましたが、色々と苦戦。。GPUを増やすことも考えて、Windows10を買うことにしました。OS買うのは20年ぶり以上。。バージョンは安いHome。最終的にはMacからリモートデスクトップ接続で運用しますが、RDP Wrapperを入れればHomeでも可能となります。

電源

電源は重要部品です。マイニングは24時間365日PCを動かし続けるため、信頼性・効率性が高い物を選びます。今後GPU拡張を考え、850Wとしました。1000W超えだと結構いい値段しますからね。同じように電力変換効率もグレードによって、かなり値段の差があります。本格的に行うには80PLUSのPLATINUM以上がおすすめですが、かなり値が張ります。私はちょっとやってみる程度でしたので、850WのGOLDにしました。でも信頼性は譲れないのでブランドはCorsair。プラグイン式なのも使いやすいです。

グラフィックボード(GPU)

もちろんGPUは重要部品です。GPUの性能によって、マイニングの採掘速度(ハッシュレート)が決まります。ここが一番重要です。しかし空前のブームにより、GPU相場が値上がりしており、在庫もほとんどありません。私も探すのに苦労しました。その中でGTX1070を選んだ理由としては、消費電力が低めであるにも関わらず、そこそこ採掘ができるため。評判は上々です。1080が高すぎて躊躇したらしい。

無線LAN子機

有線でインターネット接続する場合は不要です。私は有線で引き回すのが煩わしいので、無線化しました。11acに対応しているため、無線でも高速通信が可能です。もちろん11acに対応した無線LANルーターも必要です。ちなみに私が利用している無線LANルーターは以下を利用しています。安定した無線接続ができています。

スイッチ

通常PCケースの電源SWとマザーボードをつなげることで電源を入れられるようになりますが、マイニングは熱対策が重要となるためPCケースは利用しません。そして今回利用するマザーボード自体には電源SWがついていないため、この部品をつけています。

スペーサー

上記のとおり熱対策を理由にPCケースを利用しないため、詳細は省略しますが、ダイソーのアルミラックを利用することになりました。2,000円くらいで作れるため、おすすめです。ただしアルミなので直にマザーボードを置くとショートしてしまいます。ラックのに下敷きの様な物をおいた上で、マザーボードをおくことになりますが直置きでは放熱性がさがるため、当部品を利用しています。

ライザーカード

これで最後になりますが、重要部品の一つです。この部品を利用することで、マザーボードとGPUを離して配置することができるようになり、放熱性が高まります。特に今回選択したマザーボードはPCI Express x16が一つしかついていないため、実質ライザーカードを利用して運用することを想定しているかと思います。ライザーカードには当たり外れがあるらしくとりあえず2つ購入したのですが、1つ目で問題なく利用できました。ただし私が購入したこの製品が高品質かは分かりません。おすすめのライザーカードがありましたら、コメントで教えていただけるとうれしいです。

組み立て

上記の構成で組み立ててみました。

GPUの放熱性は確保できていますが、今の配置だとGPU2台しか置けないですね。GPUの配置は再考しようと思っています。上記写真ではディスプレイ、キーボード、マウスがありますが、この記事を書いている今現在では取り外して、Macからリモートデスクトップ接続にて運用しています。

今後の予定

今はただ作ってNiceHashで採掘していますが、今後やることは以下を想定しています。

  • GPU追加&配置再考
  • マイニング効率の最適化(ハッシュレート/消費電力)
  • 火災対策
  • Gox対策

次は、ハッシュレートや収支について投稿しようと思います。それでは。