Westone ES60がリフィットから戻ってきた


先日リフィットに出したES60が戻ってきたので、今回はその報告です。

どこを直したかについては、以下のエントリーを見ていただければと思います。

納期

7/22にリフィットに出して、8/19に完了の連絡を受けました。初回受け取り時とほぼ変わらず、約1ヶ月待ちとなりました。海外配送往復していることを考えると、致し方ないですね。

なお、リフィット時に受け取り方法は、完成時に決めたいとの旨を伝えておきましたが、秋葉原に行く予定もなかったため、宅急便での配送をお願いしました。そして翌20日には届きました。宅急便代金もe☆イヤホンさん負担というのも、地味に嬉しいです。

外観

まず仕上がりですが、以下のとおりです。

青の左側だけを直したわけですが、よく見てもどこが修正されたかは分かりませんでした。イヤホンは聞いてナンボの物なので、見た目は正直どうでもいい部分なのですが、修正箇所が分からないに越したことはないですね。

ファーストインプレッション

初回受け取り時のファーストインプレッションは、今回リフィットに出した理由である、左耳の音抜けを感じたものでしたが、リフィット後のファーストインプレッションは、音抜け感を感じませんでした。

数週間使い続けないと、正確なところは分からないと思いますが、明らかに音抜け感が改善しています。

またフィット感向上に伴い、音質面でも向上を感じました。ES60強みの中〜高音は変化を感じませんでしたが、低音域が以前より出るようになりました。ES60の性格上、低音は穏やかですが、思いの外出ている印象です。

総括

まだ10日しか経っていないため正確には把握できていないのですが、今時点では再リフィットは不要と思っています。リフィットに出すまでは右は完璧と思っていましたが、左のフィット感向上により、右のフィット感の低さを感じるようにもなりました。といっても、左と比べて微かに違いを感じるレベルのため、あまり気にはなっていません。

リフィットに出すというのは、初回受け取りまで1ヶ月待たされて、更に待たされることになるため、出すべきか悩むところがありましたが、今では1ヶ月待ってもリフィットに出して良かったと思っています。通販の利用者の声みたいになってしまいましたが、、本当に良かったと思います。リフィットに出すか迷っているのであれば、絶対に出した方がいいと思います。ただし前回にも書きましたが、どう直したいのかを明確に煮詰めておく必要もあると思います。

その後の感想については、リフィット期限あたりでまた書こうと思います。

ご案内

toidaNodeをご覧いただきありがとうございます。できる限り更新してまいりますので、以下のボタンにてご登録のほどよろしくお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です