thumbnail.jpg

カスタムIEM リフィットのススメ


こんにちは。@toidackです。

先日できあがったWestoneのカスタムIEMを利用し始めて、約2週間が経ちました。

その後、約30時間利用してみましたが左側のフィット感が変わらないため、購入したe☆イヤホンさんにリフィットを出すことにしました。

初のカスタムIEMに加えて、初のリフィットということで、結局1時間以上色々相談に乗ってもらいました。今回はその相談でうかがったリフィットについてのエントリーです。

リフィットを考えている人の参考になればと思います。

現時点での着用感

まずは30時間利用しての着用感を列挙すると、以下のとおりです。

  • 右耳は完璧!
  • 左耳は微妙。(以下は左耳の症状)
  • 2時間くらい着用していると痛い気がする。ただし猛烈に痛いわけではなく、軽く当たってる程度。許容範囲といえば許容範囲だが、右耳が完璧だけに、差を感じているだけなのかも。具体的にどこが当たっているかも、不正確な状況。
  • 前側から音抜けがする。密閉感が右耳と比べてあまい。外音も左耳から大きく聞こえる。
  • カナルの入りが、右と比べて浅い気がする。

うーん、何とも悩ましい。右と比べるとフィットしていないのは歴然なんですが、具体的にどうしたら良くなるか分からないといった所です。

そんなこともあって、左耳だけもう一度インプレッションを取りたいと相談しました。自分自身よく分かっていないので、取り直した型と初回に送った型を、プロの目で見ればこちらからリクエストするより、精度が高いと思ったからです。この場合、インプレッション採取費用はもちろん自分持ちとなります。

ところがオススメできないとの意見でした。以下に具体的に記述します。

リフィットとは

システム

  • リフィットとは基本的には、今あるイヤホンに対して、盛ったり削ったりする対応となる。新たに0から作る訳ではない。
  • リフィットは何回でも可能。納品後1ヶ月以内でのリフィットに限り、費用はかからない。回数はメーカーや代理店によって異なる場合があるが、まず無制限と思ってよいとのこと。
  • 納品から1ヶ月以降でもリフィット可能だが、有償となる。費用は、納品後の期間にはよらない。変更の程度による。5,000円の場合もあれば、70,000円のこともある。
  • リフィットに際して、自らインプレッション採取を望む場合はインプレッション採取費用はかかる。(私が望んだケース)
  • 場合によっては、メーカーからインプレッション採取を依頼される場合がある。この場合、eイヤホンでは、インプレッション採取費用はかからない。(初回採取時のレシートは必要)

ここまでは事実です。次は対応していただいた店員さんの意見です。

プロの意見

  • インプレッション再採取は、リフィットにほとんど意味を持たない。リフィットに際してインプレッション採取を行い、それを10回くらいくり返した人もいた。自らもインプレッション採取でのリフィットをした事があるが、それによる効果は見られなかった。ただし、採取時の方法(バイトブロックや割り箸の噛み方)を変更する場合に限っては有効。もちろん、噛み方を変えたところでフィットするとは限らない。
  • できるだけ具体的な問題点が落とし込めるまで、使うのが望ましい。(1ヶ月以内で)
  • 曖昧な不具合でリフィット依頼をしても、結局出来上がりは曖昧になる。
  • リフィットに際して、右耳と左耳は切り離して考えた方が良い。今回の場合、右耳が完璧だったので、同じように左耳をリフィットしてくれれば問題ないのではと考えましたが、そんな簡単なものではないようです。聞き耳、聴力、体のゆがみ、神経のめぐりなど、左右で異なるため、右耳合わせて左耳を作るなど、意味がないようです。
  • フィット感を追求するには、回数を重ねる他ない。
  • 2時間もカスタムIEMを装着していれば、痛くなるのは不自然ではない。
  • 日によっても装着感は異なる。

ざっくりこんな感じです。なかなか厳しいですね。

音漏れを直す

こんな話を1時間くらいし、結局私はインプレッション採取はしませんでした。でも具体的には耳のどこが痛いのか自分自身よく分かっていない状況。上記のとおり、2時間もカスタムIEMを装着していれば痛くなるのは不自然ではないようですし、音が漏れるのは明確だったため、今回は音漏れを直す方向でリフィットを行うことにしました。

音漏れを直すには盛るということになるわけで、イヤホンに薄いシールを貼っては音漏れ具合を確認する、こんな作業を何回も繰り返しました。

thumbnail.jpg

その結果、写真のとおりシールを貼ることで音漏れが改善しました。厚さはわずか0.2ミリ弱。こんなので変わるのかって感じがしますが、これが変わるんですよね。ということで、また1ヶ月程度待つことになりました。

戻ってきたらまた投稿しようと思います。そして2度目のリフィットを行うことになるようであれば、自分自身で具体的に不具合を把握してから、店舗に行こうと思います。思っていた以上に、カスタムIEMは手強いです。

ご案内

toidaNodeをご覧いただきありがとうございます。できる限り更新してまいりますので、以下のボタンにてご登録のほどよろしくお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です