slooProImg_20141009203627.jpg

10秒で分かる! iPhone 6対応アプリの見わけ方


こんにちは。@toidackです。iPhone 6が登場しましたが、まだiPhone 6に対応しているは少ないですよね。非対応だとただのらくらくホン状態なので、早く対応アプリが増えると嬉しいなと思っています。

今日の投稿は、アプリがiPhone 6に対応しているかを10秒で見わける方法についてです。

方法

ポイントは、ステータスバーの大きさです。基準はホーム画面のステータスバーなので、先ずはこのサイズを見てください。

ホーム画面

ホーム画面

このサイズがiPhone 6のステータスバーです。
次にiPhone 6に対応しているアプリのステータスバーを見てみましょう。

iPhone 6対応済みのアプリ

iPhone 6対応済みアプリ

みんな大好きTweetbot 3!このアプリはiPhone 6に対応しています。先ほどのホーム画面のステータスバーと大きさが同じことがわかります。

Tweetbot 3 for Twitter (iPhone & iPod touch)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ

次にiPhone 6非対応のアプリを見てみましょう。

iPhone 6非対応のアプリ

iPhone 6非対応のアプリ

この違いが分かりますか?iPhone 6非対応のアプリは、ホーム画面のステータスバーより、かなりサイズが大きく表示されます。これは非対応のアプリを、無理矢理iPhone 6サイズで表示しているためです。

グノシー 3分で雑談力をつける。〜今日のニュースや話題のニュースが無料で読める〜
カテゴリ: ニュース, 仕事効率化

分かったからといって、何か得するものではありませんが、「10秒で分かる! iPhone 6対応アプリの見わけ方」でした〜

ご案内

toidaNodeをご覧いただきありがとうございます。できる限り更新してまいりますので、以下のボタンにてご登録のほどよろしくお願いいたします。

follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です