グラボ追加2枚目

マイニング効率の最適化については、更新が遅くなりました。引き続き24時間マイニングは継続しているのですが、先週に1枚グラフィックボードを追加して2枚体制になりました。今回は引き続きマイニング効率の最適化にも触れつつ、1枚体制から2枚体制になったことの違いを書きたいと思います。

外観

雑な感じですが、今はこんなリグになっています。追加したのは1枚目と同じMSI GeForce GTX 1070 GAMING X 8Gです。

フルサイズのグラボなので、平置きすると結構場所を取りますね。グラボとライザーカードの高さが異なるため、ライザーカードだけ、ラックからはみ出した形でおいています。そのままおいた状態で安定はしているのですが、念のため以下のように結束バンドで固定しています。

普通の結束バンドでも問題ないとは思いますが、かなり熱を持っているので念のため耐熱の結束バンドで固定しました。

多少の遊びを持たせつつ、それでも落下することがない程度の強さで固定しています。これで2枚体制になったわけですが、3枚目体制になった時は平置きはスペース的に無理ですね。放熱性が下がりますが縦置きにするか、1枚はマザーボードに直差しするかになると思います。

ハッシュレートの変化

1枚体制

まずは1枚体制のレートは、以下のとおりです。

バラツキがあるため時間を変えて2枚載せていますが、おおよそ0.00022〜0.00023BTC/dayのハッシュレートでした。そして2枚体制にしてからのハッシュレートは次のとおり。

2枚体制

こちらもバラツキがあるため、1週間内での最高と最低を載せています。10.00035〜0.00038BTC/dayのハッシュレート。1枚体制の画像は24h平均、この2枚体制の画像は72h平均となるため、単純に倍にはなっていませんが、レートが上がっているのが分かりました。さらに分かりやすい変化は次のとおり。

最初からこれだけ出せば十分だった気がしなくもないですが、、数時間の谷を挟んで左側が1枚体制、右側が2枚体制。明らかに上がっているのが分かりますね。数時間の谷はもちろんマイニングを中止し、2枚目の増設をしていた時間です。これまでのすべてのハッシュレートは、以下の設定で測定しています。

Afterburner設定

  • PL:80%
  • TL:70℃
  • CC,MC,FS:変更なし

収支

費用

上記設定での消費電力は約400Wです。850W電源を利用しているため、3枚目は問題なく搭載できそうです。4枚目は電力が足りても、コネクタが不足しそう。。

さて話はそれましたが費用(電気代)は1kWhを23.45円計算で、1日あたり225円となります。

収益

上記最低の0.00035209BTC/dayを用い、過去のように1BTCを1,000,000円計算で算出すると、1日あたりの収入は352円となります。

費用の225円を引くと、1日あたりの収益は127円!?

なんか増設したのに、過去より収益性下がってないですかね。。

[post id=”669″]

[post id=”693″]

バラツキだと信じたいです(笑)実際にこの記事を書いているリアルタイムでの数値は0.0006 BTC/day出ているので、これだと収益は400円弱で倍増していることに。引き続き注視していきたいと思います。

ブログのヘッダータイトルをクラウドソーシングしてみた

今回はこのブログ、toidaNodeについて投稿したいと思います。
特にHit数があるわけでもなく、備忘録程度に投稿を続けているわけですが、やるからにはできるだけカッコいい感じのサイトにしたいという思いを持って更新を続けていました。アイキャッチ画像にぱくたそを利用しているのも、その理由の一つです。

 

そして最近はスマホからのアクセスが増えてきたので、スマホに対応したWordpressのテーマであるSentryを利用させていただいています。

ここまではデザイン・使いやすさともにほぼ完璧なのですが、一つだけ不足していることが。そうブログのヘッダータイトルです。こればかりは人のものを借りるわけにもいかず、今まではただの文字を表示していました。しかし文字だけのタイトルロゴはイケていないので、初めてクラウドソーシングサービスを提供しているCrowdWorksを利用し、タイトルロゴを作成してもらうことにしました。

CrowdWorksへの依頼内容

始めて使うというのもあり、どの様に依頼したらよいのか迷いましたが、意識したのは以下2点でした。

  • ロゴにはイラストを入れてもらうこと。イラストはガジェット・仮想通貨をイメージできるデザインであること。
  • スタイリッシュ、先進的なイメージが伝わるフォントであること。

うーん、特に2点目はかなり曖昧ですね。。デザイナーさんはかなり苦労されたことと思います。

費用

更に問題となってくるのはいくらで依頼を出すかということです。始めてCrowdWorksを利用することもあり、依頼がなければ諦めることも考え、安すぎる3,240円としました。これは明らかに安すぎることは分かっているのですが、当ブログは特にこれといって収益を上げられているわけではないので、万単位で依頼することはできませんでした。

その他

そして方式は提案の中から決めるコンペ方式。依頼期間は最長の2週間。以上の内容で依頼をかけました。

結論

そして本日期限を迎えました。結論から書きますと、採用したヘッダータイトルは以下になりました。

上記に記述した意識した点が、自分の中で一番マッチしているものでした。早速当ブログに反映させてみています。と、今日の記事はこんなところなのですが、始めてCrowdWorksを使って分かったことも多かったため、その内容を振り返って終わりにしたいと思います。

CrowdWorksを利用して分かったこと

  • 募集期間を長くすることの効果は低い。
    • これはおそらく安すぎる金額で募集をかけたことが理由だと思いますが、提案が集中したのは残り数日になってからでした。最初の1週間はほとんど提案がありませんでした。
  • 安すぎる金額でも提案はもらえる。
    • あまりにも安すぎる金額で募集をしたため、ほとんど提案がないかと思っていましたが、最終的には19件もの提案をいただくことができました。想像していたよりとても多い印象です。以下はその内の一部です。

      安価にも関わらずこれだけ提案していただいたデザイナー様に、この場を借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

マイニング効率の最適化計画 2回目

全開に続いてマイニング効率の最適化ネタです。前回の記事は以下を参照ください。

[post id=”669″]

早速、今週分の状況を分析したいと思います。

Afterburner設定

  • PL:[marker style=”thick” color=”blue”]60%[/marker]
  • TL:70℃
  • CC:変更なし
  • MC:変更なし
  • FS:Auto

先週分との差違はPLだけです。先週はPLが72%。そして今週は60%に下げています。クロック周波数も80MHzほど下がっていますね。さてこれがハッシュレートにどれだけ影響するのでしょうか。

実績

ハッシュレート

上記は変更直後の状況です。その後数回測定しています。

日にちを変えて二回測定しています。平均すると約0.00019560BTC/dayとなりました。

消費電力

上記のTweetにも記述していますが、165Wです。

1日あたりの収益

前回の記事では「1Wあたりの採掘量」を計算しましたが、分かりにくいので、今回からは1BTC=1,000,000円として計算するだけにします。

  • 採掘収益;196円
  • 電気代:93円 (1kWh単価23.45円で計算)

以上より1日あたりの収益は、[marker color=”yellow”]103円[/marker]となりました。前回PL72%の時が170円だったため、大幅に効率が落ちていますね。。ここまで下げるとなるとOCしないと逆に効率が悪いようです。

次回の設定

しばらくはOCなしで考えているので、次回はPLを前回の72%より上げて、80%にしてみたいと思います。なかなかうまくいかないものですねー。

マイニング効率の最適化計画 1回目

GTX 1070でのマイニングが始まって1週間経ちました。
着実に採掘できて感動しているわけですが、もっぱらの課題はマイニング効率の最適化です。どれだけ多くの採掘ができても、電気代が多くかかってしまっては、純利益が減るというもの。

しばらく自作PCから遠ざかっていましたが、最近はGPUに流す電力の調整などもできるため、消費電力を抑えつついかに採掘できるかを調整しようというものです。ツールはおなじみAfterburner。

マイニングを始めてちょこちょこいじっていたわけですが、その時の状況は以下のとおり。

これは12時間単位で測定したハッシュレートですが、Power Limit(PL)を下げると、採掘できる量が減ることは分かりました。しかしマイニング量の推移を見ていると同じPLでも変動があるので、12時間1回で決めるのは無理があるということで、平準化すべく約1週間同じ設定で回してみました。

Afterburner設定

はい、その設定がこちらになります。

  • PL:72%
  • TL:70℃
  • CC:変更なし
  • MC:変更なし
  • FS:Auto

これから暖かくなることを見据え、 GPU上限温度を70℃設定で試してみました。TLを下げると連動してPLも下がるため、TLを70℃に下げた時のPLがたまたま72%だっただけです。意図して72%にしたものではありません。CCとMCはひとまず標準通りです。

マイニング効率

ハッシュレート

Nicehash用のiPhoneアプリがあるため、通常はこれでハッシュレートを見ています。ブラウザでもハッシュレートは見られますが、私はお手軽な以下のアプリを利用しています。

Nicestats Pro: Nicehash

150円
(2018.02.17時点)
posted with ポチレバ

機能が限定されたフリー版もあるので、まずはフリー版を使ってもいいかもしれません。さて話はそれましたが、上記設定で1週間回した結果は、[marker color=”yellow”]0.00028094BTC/day[/marker]となりました。

消費電力

消費電力は約195Wです。消費電力は以下の製品で測定しています。

1Wあたりの採掘量

以上の結果より、1Wあたりの採掘量は[marker color=”yellow”]0.00000144BTC/day[/marker]となります。0が多くて見にくい。。

と、ここまで測定はしてみたものの、1Wあたりの値を算出しても実感がありません。ちなみに1BTCを1,000,000円固定で計算してみると、1日あたりの収益は、、

1日の収益

  • 採掘収益;281円
  • 電気代:110円 (1kWh単価23.45円で計算)

となるため、170円/日が収益となります。こっちの方が明らかにわかりやすいですね。

次回の設定

消費電力が高めなのが気になるため、TLは70℃のままで、PLを60%に下げて回してみようと思います。結果はまた報告します。

 

マイニングを始めました

仮想通貨の取引は去年から行っていますが、今さらながらマイニングを始めることになりました。
今回はマイニングリグ作成について書きたいと思います。

マイニングリグを作る

構成一覧

一覧は以下のとおりです。色々また買いました。家族の目が冷たい。。

構成内訳

マザーボード

PCI Express x1が5個ついていて1万ちょっと。名前にBTCがついているようにマイニングに特化しています。今は10個以上PCIがついているマザーボードもありますが、とりあえずは5個もあれば十分かと。。必要になったらマザーボードを追加しようと思っています。

ハードディスク

今はSSD安いですね。値段と熱対策を考えてSSD一択でした。マイニングに容量は必要ないので64GBでも足りますが、値段はあまり変わりません。

メモリー

ここは無駄にお金をかけました。2GB x2でも十分なのですが、DDR4自体のメモリを持っていなかったため、今後流用できるように8GB x1としました。マイニング自体にメモリは必要ありません。OSとマイニングアプリが動けば、基本的にOKです。

CPU

CPUもマザーボードに対応していれば何でもOKです。CPUパワー使いませんので。一番安いCeleronにしました。

OS

Linuxでもいいのですが組みなれていないので、安定のWindows 10としました。マザーボードがUEFI対応のため、Windowsなら10が無難です。一度余っているWindows7を入れようと試みましたが、色々と苦戦。。GPUを増やすことも考えて、Windows10を買うことにしました。OS買うのは20年ぶり以上。。バージョンは安いHome。最終的にはMacからリモートデスクトップ接続で運用しますが、RDP Wrapperを入れればHomeでも可能となります。

電源

[marker color=”yellow”]電源は重要部品です。[/marker]マイニングは24時間365日PCを動かし続けるため、信頼性・効率性が高い物を選びます。今後GPU拡張を考え、850Wとしました。1000W超えだと結構いい値段しますからね。同じように電力変換効率もグレードによって、かなり値段の差があります。本格的に行うには80PLUSのPLATINUM以上がおすすめですが、かなり値が張ります。私はちょっとやってみる程度でしたので、850WのGOLDにしました。でも信頼性は譲れないのでブランドはCorsair。プラグイン式なのも使いやすいです。

グラフィックボード(GPU)

もちろん[marker color=”yellow”]GPUは重要部品です。[/marker]GPUの性能によって、マイニングの採掘速度(ハッシュレート)が決まります。ここが一番重要です。しかし空前のブームにより、GPU相場が値上がりしており、在庫もほとんどありません。私も探すのに苦労しました。その中でGTX1070を選んだ理由としては、消費電力が低めであるにも関わらず、そこそこ採掘ができるため。評判は上々です。1080が高すぎて躊躇したらしい。

無線LAN子機

有線でインターネット接続する場合は不要です。私は有線で引き回すのが煩わしいので、無線化しました。11acに対応しているため、無線でも高速通信が可能です。もちろん11acに対応した無線LANルーターも必要です。ちなみに私が利用している無線LANルーターは以下を利用しています。安定した無線接続ができています。

スイッチ

通常PCケースの電源SWとマザーボードをつなげることで電源を入れられるようになりますが、マイニングは熱対策が重要となるためPCケースは利用しません。そして今回利用するマザーボード自体には電源SWがついていないため、この部品をつけています。

スペーサー

上記のとおり熱対策を理由にPCケースを利用しないため、詳細は省略しますが、ダイソーのアルミラックを利用することになりました。2,000円くらいで作れるため、おすすめです。ただしアルミなので直にマザーボードを置くとショートしてしまいます。ラックのに下敷きの様な物をおいた上で、マザーボードをおくことになりますが直置きでは放熱性がさがるため、当部品を利用しています。

ライザーカード

これで最後になりますが、[marker color=”yellow”]重要部品の一つです。[/marker]この部品を利用することで、マザーボードとGPUを離して配置することができるようになり、放熱性が高まります。特に今回選択したマザーボードはPCI Express x16が一つしかついていないため、実質ライザーカードを利用して運用することを想定しているかと思います。ライザーカードには当たり外れがあるらしくとりあえず2つ購入したのですが、1つ目で問題なく利用できました。ただし私が購入したこの製品が高品質かは分かりません。おすすめのライザーカードがありましたら、コメントで教えていただけるとうれしいです。

組み立て

上記の構成で組み立ててみました。

GPUの放熱性は確保できていますが、今の配置だとGPU2台しか置けないですね。GPUの配置は再考しようと思っています。上記写真ではディスプレイ、キーボード、マウスがありますが、この記事を書いている今現在では取り外して、Macからリモートデスクトップ接続にて運用しています。

今後の予定

今はただ作ってNiceHashで採掘していますが、今後やることは以下を想定しています。

  • GPU追加&配置再考
  • マイニング効率の最適化(ハッシュレート/消費電力)
  • 火災対策
  • Gox対策

次は、ハッシュレートや収支について投稿しようと思います。それでは。

XRPは今買っても平気?

 

2017年12月終盤に入ってから、XRPの高騰が止まりません。
高騰というより暴騰レベルのチャートになっています。
2017/12/3o 15:40時点で290円/XRPの値をつけており、約2週間で10倍以上の価格です。

下記ページで時価総額を確認してみました。
この高騰により、XRPの時価総額がEthereumを抜き2位に浮上しています。
仮想通貨王者のBTCの約半分まで追い上げており、まだ高騰は収まりそうにもありません。

ということで、ホールドしている人は大勝利な訳ですが、これから仮想通貨取引を始めようとしている人、今からXRPを買うのはどうかという点について、自分なりの考えを述べたいと思います。

XRPの今後

はっきり言って、ネガティブな要素は無いと考えています。ポジティブな要素しかないため、価格が上昇している今の状況でも購入をおすすめします。ただしいきなり大きな金額は一時的に下がった場合に精神的なダメージが大きいので、まずは少額で。毎月決まった金額で買えるだけ購入するドルコスト平均法で買うのが一番です。

なおネガティブな要素ではありませんが、一つ私が注視している点があります。
[marker color=”yellow”]ロックアップの解除[/marker]です。
いつも参考にさせていただいている以下のサイトによると、

550億XRPは55のエスクローに分割されて保管され、2018年1月から毎月1日に10億XRPずつ55ヵ月かけて解放されます。月毎にロックアップが解除されたXRPは流動性プロバイダーへの報酬などに利用され、残りは月末に55ヵ月の期限を設定して再びエスクローに入れられます。

となっています。

つまり[marker style=”thick” color=”yellow”]2018/1/1に10億XRPが解放された時に、どのような値動きをするか[/marker]

この点は今後XRPの取引をする上で、注視する必要があると考えています。
なぜならば、ここまで値動きが激しい状況において、ロックアップ解除が市場に与える影響が未知数であるためです。
基本的には大きな影響はないと考えていますが、いったん様子見をした上での購入をおすすめします。

XRPを買うならここ!

始めて仮想通貨取引をする人向け

始めて仮想通貨を取引する人にはCoincheckをおすすめします。
スマートフォンのアプリからXRPが購入できるので、始めての取引には向いています。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

中級者向け

簡単な英語が読めて、できるだけ手数料を安くしたい人には、断然バイナンス(BINANCE)がおすすめです。
基本的に日本語に対応しているため、簡単な英語が読めれば問題ないでしょう。

 

【体験談】1日たった2分で花粉症を完治した件

花粉症に悩まされること四半世紀。嫌いな季節は春でした。
そんな中、2014年に保険適用となったシダトレン。早速始めました。
詳細は以下の記事をご覧下さい。

そんなシダトレンの服用を始めて、最低服用を続ける必要があるという3年が経過しましたので、ここで報告させていただきます。

効果

1年目こそ、やや眼がかゆくなることはありましたが、シダトレンの服用を開始して3ヶ月だけですからね。たった3ヶ月飲んだだけでも症状が改善したのを実感しましたが、2年目以降はまったく花粉症の薬を服用する必要はありませんでした。
やせ我慢をしているわけではなく、そもそも[marker color=”yellow”]花粉症の症状がまったく出ないのです。[/marker]
これは本当にすごい!人によって効果の差はあるようですが、私には合っていました。

やめるタイミングは?

シダトレンは3年〜5年の服用が必要となりますが、結局私は丸3年シダトレンを服用し、治療終了となりました。
これからシダトレンによる花粉症治療をする人も、今治療中の人も気になるのは、[marker color=”yellow”]いつやめればいいのか?[/marker]ではないでしょうか。

やめるタイミングを決めるにあたり、特別な検査などはありません。
医師との相談で決めることになります。
私の担当医の場合、以下の理由で継続が不要と判断したとうかがいました。

  • シーズンに、花粉症の薬が完全に不要となっていること
  • 効果が安定していること
    ⇒年を重ねるごとに改善し続ける人もいるようですが、私は2年目からは一定でした。

今後

私の場合、最終的には自分で治療を終了することを決めましたが、
不安な部分もあったので、いくつか今後について確認しました。

  • 今後、花粉症が再発する可能性はあるのか?
    医師からの回答:再発する可能性を否定することはできない。ただし一定の免疫ができているため、治療前ほどひどい症状が出る可能性は低い。気になるようであれば、引き続き治療を続けることも可能。人によりまちまちではあるが、新薬のため情報が少ないのが正直なところ。
  • 再発したら、そこからまた3年シダトレンを飲み続ける必要があるのか?
    医師からの回答:必ずしも3年という訳ではない。今後症状が現れるようであれば、再度受診にきて欲しい。

新薬ゆえの歯がゆい部分はありますね。。月2,000円弱なので継続してもよかったのですが、それはそれでやめるタイミングを先送りにしている気がしたので、ひとまず私はやめることにしました。そもそも症状自体が完全に無くなっていますしね。再発しても症状が軽いようであれば、必要に応じて抗ヒスタミン剤などを飲んでもいいでしょうし。

ということで、いったん花粉症治療は終了です。花粉症が再発するかについては、今後も更新していこうと思いますので、乞うご期待を。
花粉症治療に興味のある方は、以下のリンクを参考にして下さい。

wenaをクロノグラフソーラーに魔改造してみた

こんにちは。@toidackです。
ほぼ一年ぶりの更新となります。

以前に上記の記事を投稿しましたが、wenaを使い続けること約一年。相変わらず便利に使っていますが、そろそろヘッドも飽きてきた頃。好きな時にヘッドを変えられるのがwenaのいいところ。ただし、種類も限られていて自分好みのヘッドが無かったため、今回は純正では無いクロノグラフソーラーのヘッドをwenaに取り付けてみました。

“wenaをクロノグラフソーラーに魔改造してみた” の続きを読む

明日SIMフリーのiPhone7を入手しよう!

こんにちは。@toidackです。

iPhone7が発売されて数日が経ちましたが、例年通り入手困難が続いているみたいですね。私は7Plusを予約したものの色々考えた結果、即日でキャンセルを入れました。

と言うのも、PASMOがApplePay非対応だったためです。定期がPASMOなので、Suica使えても意味がないのです。。

更に今現在、iPhone6SでPASMO定期を疑似ApplePayとして利用しているため、7にした場合、本当のApplePayが使えなくなる可能性もあり、見送ることにしました。

そのため今後、PASMO定期がApplePayに対応するようであればiPhone7の購入を検討しようと思います。

しかし今すぐiPhone7を購入したい人もいると思いますので、今回は明日すぐにSIMフリー版のiPhone7を手に入れる方法を紹介したいと思います。iPhone6の時に投稿した以下の記事の焼き直しですが、、今でも応用できる事が確認できたため、改めて投稿します。

“明日SIMフリーのiPhone7を入手しよう!” の続きを読む